読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

北海道

なぜ、北海道と呼ばれるようになったんだろう?

今回はそのことについて調べてみました。

北海道の名前は1869年8月15日、

蝦夷地探検家で知られていた「松浦武四郎」によって

付けられたといわれています。

北海道という地名も、先住民族アイヌ民族)の言葉が

もとになってるとのことです。

 

アイヌ民族は自分たちの国を「カイ」と呼んでいたといわれています。

そして、数ある説の中で「蝦夷」を音読みすると「カイ」になり、

そのままの呼び名として使っていました。

また、江戸時代まで、東海道東海道などといった○○道を

広域行政区画を示していて、

北海道もそこから変化したものであるといわれています。

カイ→北加伊道→北海道