読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

新橋色

皆さんは「新橋色」という色があることをご存知でしょうか?

新橋色はJISの色彩規格では「明るい緑みの青」と表記されています。

一般的にいうと、わずかに緑みがかかった薄い青といったところです。

この色は明治末から大正にかけて、

東京の新橋芸者たちの間で流行したことから、新橋色と名付けられました。

当時としては珍しかった化学染料を使った染色の色でもあります。

また、近くの金春こんぱる新道置屋があったため、金春色とも呼ばれていました。

現在では新橋駅の文様「柳縞やなぎじま」に、新橋色が使われています。