読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

初夢の由来

今回は初夢の由来についてご紹介します。

初夢は皆さんもご存知の通り、新年の初めに見る夢のことです。
この夢の内容でこの年の吉凶を占う風習があります。

現代では元日(1月1日)から2日の夜
または、2日から3日の夜に見る夢
初夢とすることが多いようです。

室町時代ごろから、良い夢を見るには
七福神の乗った宝船の絵に
なかきよの とおのねふりの みなめさめ なみのりふねの おとのよきかな(長き夜の 遠の眠りの 皆目覚め 波乗り船の 音の良きかな)
という回文の歌を書いたモノを
枕の下に入れて寝ると良いといわれていました。

また初夢に見ると縁起が良いとされている
一富士(いちふじ)、二鷹(にたか)、三茄子(さんなすび)
ということわざがありますが、
この組み合わせは江戸時代初期から既にあり
それぞれの起源には諸説あります。

ことわざの起源
富士山、鷹狩り、初物のなすを徳川家康が好んでいた
富士は日本一の山、鷹は賢くて強い鳥、なすは事を「成す」からきている

以上が初夢の由来です。