読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

バイクの冬場対策

今回は「バイクの冬場対策」についてご紹介します。

■バッテリーについて
バッテリーを劣化させる原因は夏の厚さだといわれていますが、

冬の寒さでバッテリー本体の温度が下がると

内部の反応効率が低下するため、

バッテリーが上がってしまうことも多いようです。

温度低下が原因であれば、バッテリーをお湯につけて温度を上げるか、

バッテリーチャージャーで補充電することで復活させることができます。

■走行について
タイヤはある程度の温度が上昇することで、

グリップが発揮できるようになっています。

冬は気温が低いだけでなく路面の温度も低いので、

なかなかタイヤが温まりません。

またタイヤだけでなく、

サスペンションや各操作系も寒いと動きが鈍くなります。

そのため、走り出しはアクセルワーク
コーナリングに注意しながら走行することが大切です。

■路面について
冬で注意したいのは路面凍結です!

雨が降った日の夜、日陰になっているコーナーなどの

日の当たりにくい所は注意して走行することが重要です。

バイクパッションを含めて数社で出張査定体験しましたが、
今後もお願いしていく上で、冬場は特に気をつけていきたいものです(^-^)