読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

リーバイスジーンズの誕生

今回はリーバイスジーンズの誕生についてご紹介します。

ゴールドラッシュの時代、アメリカの労働者のニーズとしては丈夫なズボンが欲しいというあり、そんなニーズに応えるために生まれたのがジーンズです。

ネヴァダ州のリノで仕立屋を営んでいたジェイコブ・デイビスは労働者の期待に応えるべく丈夫なズボンづくりをスタートさせました。

生地に利用したのは、サンフランシスコの織物商人リーバイ・ストラウスから仕入れた白い丈夫な綿帆布でした。この綿帆布を使いズボンを制作している中で、ジェイコブは馬用のブランケットにストラップをつけるために使っているリベットに着目し、ズボンにも取り入れました。

この発想により、ズボンのポケットの隅に打ちつけることで、丈夫で長持ちするズボンが完成しました。

このズボンは労働者の間で評判になり、飛ぶように売れました。しかし、売れたことで周囲にはその成功を妬む者も増えました。

ジェイコブはリベットを使ったアイデアを守るために特許出願をすることを決め、その費用をリーバイ・ストラウスと折半することで特許を取得しました。

その後リーバイ・ストラウスは、ジェイコブの作ったズボンに着目し、ジェイコブをネヴァダ州からサンフランシスコに呼び寄せて、リーバイ社の生産部門の監督に任命しました。

これによって、現在のリーバイスジーンズの原型が誕生しました。

その後、綿帆布より耐久性の高いデニム地を使用して作るようになり、現在の地位を確立していきました。