読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ハンバーグとハンバーガーの起源

今回はハンバーグとハンバーガーの起源についてご紹介します。

f:id:bikesatei:20151214121756j:plain


■ハンバーグの起源
ハンバーグの起源は意外にも中央アジアだと言われています。モンゴル系の遊牧部族のタタール族は乗り潰した馬を食用とする習慣があり、その時に馬の生肉を鞍の下で寝かしやわらかくして、細かく切って食べていましたようです。
このことが13世紀頃のヨーロッパに渡り、タタール風のステーキとしてタルタル・ステーキという料理が誕生。これが起源とされています。

■ハンバーグの誕生
ハンバーグの原型はドイツ人の手によって作られました。生肉の料理であるタルタルステーキを焼いた料理がドイツで流行。この料理がイギリスに渡ったときに、ハンブルグ風のステーキのという意味でハンバーグ・ステーキと呼ばれるようになったそうです。

■ハンバーガーの誕生
アメリカに移住したドイツ移民がハンバーグステーキをアメリカに持ち込んだことがキッカケ。ハンバーグステーキをパンに挟んだものをハンバーガーとなったようです。
その起源は1904年アメリカのセントルイスで世界博覧会の屋台で考案されたという話が一般的な話ですが、一説にはそれ以前も存在していたらしいです。

ちなみにアメリカでは、ハンバーガーは食べられているものの、ハンバーグはあまり食べられていないようです。呼び方もミートローフとかソールズベリー・ステーキというのが一般的。
イギリスでも、ハンバーグステーキという呼ばず、ソールズベリー・ステーキと呼ばれています。