読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ゲーム機の歴史1998年

この年はプレステが以前強い!!
その影響でか、1997年はゲーム機のリリースがなかったのです。

1998年4月14日発売:ゲームボーイライト
ソニーに遅れを取っている任天堂
失敗できないというプレッシャーもあってか、

現行機の焼き回しもしくはバージョンアップが多い!!
本作はゲームボーイポケットのディスプレイにバックライトを搭載したもの。便利ではあるが...目新しさはありません。

1998年10月21日発売:ゲームボーイカラー
ゲームボーイライトの後に登場したのが、ゲームボーイカラーですが、ようやくといった感じ。数年前に発売していたら、大ヒットしていたかもしれないゲーム機だっただけに残念ですね。

1998年3月27日発売:スーパーファミコン Jr
任天堂の焼き回しが続きます。
ここに来て、なぜがスーファミを小型化。
過去の作品にすがって、なんとか食いつないでいるようにして思えませんでした。でも、スーパーファミコン Jrが今の時代に発売されたら、レトロゲームブームに乗れたかもしれませんね。

1998年10月28日発売:ネオジオポケット
地味なリリースとなったのが、SNKから発売されたのがネオジオのポケットゲーム機。今でも覚えているのは挑発的なCM。今の時代だったら、間違いなく訴えられていたであろう!

1998年11月27日発売:ドリームキャスト
ソニーに差をつけられてしまったセガが背水の陣でリリースしたのが、ドリームキャストです。湯川専務出演を大々的にフューチャー、目玉のタイトルなどを販売したものの、プレステには及ばす...
今思えば、セガの衰退はこの頃から始まったと感じました。

それにしても、ソニーのプレステが強すぎ!!
他のメーカーがリリースを躊躇するのもわかります。