読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ビートたけしの「バカ野郎、このバカ」のルーツ

ビートたけしの「バカ野郎、このバカ」のルーツについてご紹介します。

ラジオ番組「たまむすび」TBSラジオ)でビートきよし

そのルーツを語ったのですが、

たけしは20歳頃にストリップ劇場のエレベーターボーイとして働いていた当時、

この劇場で後にたけしの師匠になる故・深見千三郎さんと、

きよしがコントをやっていて

たけしは休憩時間によく遊びに来ていたそうです。

 

深見さんは「その筋」の人のような雰囲気をだしていたので、

後輩芸人から恐れられる存在だったのですが、

たけしは物怖じせず、師匠に冗談を話していたといわれています。

 

そんな性格のたけし深見さんはかわいがり、食事にも連れて行っていき、

その深見さんの口癖が「バカ野郎、このバカ」だったそうです。