読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日本のジーンズ発祥

誰もが履いているジーンズ、

今回は日本のジーンズ発祥について紹介します。

日本にジーンズが伝わったのは1945年の後半といわれています。

第2次世界大戦で戦勝国アメリカの軍隊の

ゴミ同然だった古着の中に大量のジーンズがあり、

そのジーンズが次第に日本人の心をとらえるようになりました。

1960年頃には

輸入のみだったジーンズを国内で作ろうという動き

見られるようになり、アメリカ産のデニム生地を使った

「キャントン」「ビックジョン」といった日本ブランドが誕生しました。

以降、日本国内ではジーンズがブームになり、

岡山県を中心としたデニム生地やデニム製品が盛んになりました。

1971年に、

ジーンズの生みの親である「リーバイス」が日本にやってきました。
↑リーバイスが伝わったのが、以外に遅めです!

以上が、日本のジーンズ発祥についてでした。