読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

最初に日本にメガネを伝えたのは、誰?

今回は「最初に日本にメガネを伝えたのは、誰?」ついてご紹介します。

日本にメガネを持ち込んだのは、
キリスト教を広めた宣教師フランシスコ・ザビエルです。

 

言い伝えによると、ザビエルの鼻に載せたメガネ姿を見た人々
異国人は4つの目を持ち、2つの目は普通のところにあり、
もう2つは少し離れたところにあり、鏡のように輝いていた

と言っていたそうです。

 

このことから、日本の人々にとってはメガネをかけた人は

怪物にしか見えなかったようです。

 

1549年にザビエルは、山口の大名「大内義隆」に

メガネを贈ったとされています。

以上が日本にメガネが伝わった由来です。