読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ゲーム機の歴史1987年

ファミコンの独占が続いた中、ついに対抗馬と言えるPCエンジンが発売されるのが、1987年になります。

1987年10月発売:マスターシステム
セガマークIIIの海外バージョン「Master System/Power Base」を国内用にアレンジしたゲーム機がマスターシステムです。オリジナルのマークIIIではオプションとなっていたFM音源を搭載。

1987年10月30日発売:PCエンジン
ついにPCエンジンが登場!
24800円、8ビットのゲーム機で、人気のアーケードゲームを多数移植するなどで、話題になりました。中でも「R-TYPE」や「ネクロマンサー」、「ドラゴンスピリット」などは今でも印象に残っています。
またグラフィックについても、ファミコンを上回りかなりキレイ!
ソフトも薄いカード型のカートリッジだったのはかなり斬新でした。
世界的にヒットした格闘ゲームストリートファイター』の原点である「ファイティングストーリー」PCエンジンから発売されました。

1987年12月発売:X1 twin
ゲーム機とテレビをくっつけると言えば、シャープ。
今回はシャープ製テレビパソコン「X1」PCエンジンをくっつけちゃった!
見た目はパソコンですが、PCエンジンをプレイすることができます。シャープとNECのコラボというのも、今ではありえない組み合わせでした!


1987年はPCエンジンが大きな話題になった年でした。

f:id:bikesatei:20160208113201j:plain

自分的には当時人気だった志村けん加藤茶「カトちゃん・ケンちゃん」テーマにしたゲームが思い入れがあります。